眼の病気ガイド
  • 文字サイズ変更
  • Small
  • Medium
  • Large

高脂血症とは

高脂血症とは

皆さん「高脂血症」という病気を耳にしたことがあるのではないでしょうか?名前から何となくどういうことが問題なのか、少し見えてくるかもしれませんが、今回は「高脂血症」についてのお話をしたいと思います

高脂血症

「高脂血症」って何?

高脂血症は、現在日本で約700万人いるといわれており、年々増加傾向にある病気の1つです。高脂血症とは、「血中のコレステロールや中性脂肪が高い状態」を指します。そして、高脂血症には、様々な分類があり、どの成分が高いかでその分類が違ってくるのです。

最近、油や食品で、コレステロールの含有量を減量したものや、コレステロールの値を下げるというものも販売されているほど、高脂血症で悩み、コレステロールに対して注意を払っている方が増えています。コレステロールと聞くと、控えなくては、と考えるものですが、しかし、コレステロールが体から全くなくなってしまったら、体は異常をきたしてしまいます。

なぜならコレステロールは、
・ホルモンの生成の元となる
・脂肪の吸収を助ける
・細胞膜を作る
・脳や神経に多量に必要とされる
・胆汁酸の生成の元となる

こういった働きをする体になくてはならない物質です。極端に控えると体に悪影響を及ぼす場合もありますので、摂りすぎ・控えすぎには注意しなければなりません。
さらに、中性脂肪も身体には必要な物質です。
中性脂肪は、
・エネルギーを貯蔵する
・体から体温が逃げるのを防ぐ
・内臓を外からの衝撃から守るクッション材となる

といった働きや体のエネルギー源となり、色々な優れた働きを見せてくれます。コレステロールも、中性脂肪も、どちらも体にはなくてはならない物質です。しかし、摂りすぎると危険な物質でもあります。

高脂血症は様々な病気をもたらす

高脂血症は、動脈硬化など様々な病気をもたらすため、注意が必要となります。厚生労働省代謝系疾患庁舎研究班によると、コレステロール値が高い方は全国で約3660万人、中性脂肪値が高い方は約4000万人もいると発表がされています。では、どのような状態が高脂血症なのでしょうか?

・血液中のコレステロール(LDLまたはHDL)
・中性脂肪(TG)
が、標準値よりも高ければ「高脂血症」と診断されるのです。高脂血症には、高コレステロール血症、高中性脂肪血症、高HDL血症などの種類があります。日本動脈化学会の診断基準(2007年版)では、空腹時の血液中の脂質が

LDLコレステロールが   140mg/dL 以上

HDLコレステロールが    40mg/dL 以上

(TG)トリグリセライドが 150mg/dL 以上

あれば高脂血症とされています。
高脂血症の原因は、遺伝性、不適切な食事、運動不足などが原因で、血液中の脂肪が過剰になります。これ以外にも、ストレスや過労、喫煙、睡眠不足などの生活習慣が大きく関わってきます。
高脂血症は、様々な病気をもたらす原因ともなりますので、早めに自分の体の状態を知り、改善が必要となります。

あなたの高脂血症度は?

あなたの高脂血症度は?

「自分は高脂血症になりやすいのか?」と気になる方も多いと思います。以下のチェックリストで、高脂血症予備軍なのかチェックしてみましょう。

□太り気味である
(体に必要以上の脂肪がたまると肥満になります。脂肪は血液中を通り、脂肪細胞に運ばれるため、血液中の脂肪も一般の方よりも多いと考えられています)

□ 家族や近い親戚に、動脈硬化・心筋梗塞・狭心症になった方がいる
(高脂血症や動脈硬化は、遺伝的な要因が大きい場合もあります)

□ 腎臓病や甲状腺機能低下症などの持病をもっている
(これらの病気になると、症状の1つで血液中の脂肪が増えることがあります)

□ 脂っこいものが好きである
(肉類、マヨネーズ、サラダ油などの油脂類をとりすぎると体内
  の脂肪が増えてしまいます)

□ 甘いものをよく食べる。また、お酒を良く飲む
(甘いものには多くの糖類が含まれています。甘いものやアルコールを摂取しすぎると、血液中で中性脂肪に変わってしまいます。アルコールの過剰摂取は、脂肪肝や肝硬変の原因となり、間接的に高脂血症を招く場合もあります)

□ 卵を1日に2個以上食べる
(卵には多くのコレステロールが含まれています)

□ 運動不足である
(日常生活で、必要最低限でしか動かない場合、カロリーを消費せずに、余分なカロリーが脂肪となり、体に蓄積します)

□ 寝る前に食事を摂ることが多い
(寝る直前に食事を摂ると、中性脂肪がたまりやすくなります。寝る2時間前までには食事をすませておきましょう)

□ たばこを吸っている
(たばこを吸うと血液中の善玉コレステロールを減らしてしまい、中性脂肪や悪玉コレステロールを増やしてしまいます)

上記の項目が多く当てはまるならば、高脂血症予備軍として早めの対策が必要です。

高脂血症の治療について

高脂血症の治療の基本は、食事療法と薬物療法になります。生活習慣の改善をすることで、血中の脂質を下げるだけでなく、「動脈硬化が進むのを防ぐ」ことが目的です。

自分のいつもの食事を少し見直すことで、数値も改善する場合が多くあり、
私たちが摂取する栄養の配分としては、下記が理想とされています。

・炭水化物が60%
・タンパク質が15~20%
・脂肪が20~25%
・コレステロールが300mg以下
・食物繊維が25g以上
・アルコールが25g以下
・その他ビタミン類が多い野菜や果物を多く摂取する

まとめ

現代の食生活では脂肪分やコレステロールを摂取し過ぎる傾向がありますので、十分に注意しましょう。コレステロールが多く含まれる食品はレバー、イカ、タコ、マヨネーズ、魚の卵 などがあります。

さらに、それ自体にコレステロールはそれほど含まれていないものの、食べることでコレステロールを上げる食品があります。卵黄、チョコレート、脂身の多い肉、バター、チーズなどが、それに当てはまります。こういった食品を意識的に避けたり、少なくするようにしましょう。

高脂血症の状態を放置して、生活習慣病を引き起こしてしまった人が実に多い現状は、あまり知られてはいません。生活習慣病はなかなか治らないものですし、なおかつ命の危険が高いものがたくさんあります。
日ごろから注意して、予防に心がけましょう。

糖尿病の本当の原因